デリケートゾーンのムダ毛の話は、女性はあまり親しい友人にもしないことが多いです。
なので、自分のデリケートゾーンのムダ毛が多いのか、少ないのかあまりよくわからないという女性も多いです。
vゾーンなどは、温泉などにいくと、自分のものと見くらべることもできますが、iゾーンやoゾーンなどは見えないので、自分のものと比べることができません。
デリケートゾーンのムダ毛の自己処理をカミソリなどでおこなう人もいますが、他の部位に比べると皮膚が弱く毛根も深く毛も硬いため、とても危険な箇所でもあります。
特にiゾーンは、性器が近い箇所なので皮膚を傷つけて出血させると雑菌が入り込み、感染症などを引き起こすこともあるので注意が必要です。
できれば、脱毛サロンなどに通いプロに任せた方が安心できます。
サロンでは、肌にやさいい光殺毛を使って施術をおこなうので、痛みを感じやすいiゾーンでも、それほど痛みを感じずに脱毛施術がおこなえます。
もしも痛みが気になるという人がいれば、脱毛器の出力レベルを下げてくれるので、安心できます。
iゾーンの粘膜に毛が生えている場合は、サロンでは火傷などの肌トラブルがあるために粘膜には光を当てられないので注意が必要です。
カウンセリングの時に、よく確かめておくことが大事です。

iラインの医療脱毛で後悔しない為に

デリケートゾーンのムダ毛処理は、自己処理では肌を傷つける恐れがありますし、何度処理してもやがてまた新しいムダ毛が生えてきます。また、形が不ぞろいになるなどのトラブルもありますので、できればサロンやクリニックといったプロに施術をしてもらうのがおすすめです。とはいえ、どこでiラインの医療脱毛を受けてもよいというものではなく、後悔しないためにいくつかのポイントに気をつけて、クリニックを選ぶ必要があります。
一般的な脱毛と比べて、iラインの医療脱毛は人に見られるのが恥ずかしい箇所の脱毛という特徴があります。そのため、施術をするときにはきちんとタオルなどで隠して処理してくれることや、スタッフが同性のみであることなども重要になります。また、痛みを感じやすい箇所ですので、きちんと麻酔などの処理をしてくれるかどうかも確認しておきましょう。さらに、希望するデザインの形に脱毛してもらうときには、形がいびつにならないように熟練の施術者であることも重要になります。事前にカウンセリングがありますので、気になることについてはきちんと確認して、肌トラブルや雑菌の感染の可能性など、リスクなども判ったうえで申込むようにしましょう。

医療レーザー脱毛とエステ脱毛を比較

医療レーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛は、原理はよく似ています。どちらもムダ毛の原因となっている毛母細胞にダメージを与えることによってムダ毛の成長や再生を抑止するというもので、肌に直接触れずにムダ毛の色素のみに反応する光を照射することから、衛生面でも理想的ですし、肌へのダメージも少ないといわれています。どちらも光を当てたときに輪ゴムがはじけるような刺激はありますが、痛みはそれほど強くはありません。
iラインの医療脱毛とエステ脱毛を比較した場合、やはりネックになるのはデリケートゾーンということで衛生面と痛み、施術のときの恥ずかしさなどです。どちらも衛生的には問題ありませんが、iラインの医療脱毛は医療機関での施術ということもあり、より安心して利用できます。痛みは麻酔で軽くすることもできますし、出力をきちんと調整すればそれほど肌へのダメージもありません。ただ、医師が男性の場合にはやはり恥ずかしい思いをします。サロンでは女性のみのスタッフになっているところもたくさんありますので、デリケートゾーンはサロンを利用するというケースも少なくありません。ただし、どちらも施術箇所以外はタオルをかけるなど工夫していますので、思っているほど恥ずかしくはありません。